PayPayテーブルオーダー加盟店規約

本規約の用語の意味は、別途本規約において定義する場合を除き、PayPay加盟店規約等(PayPay加盟店規約に付随して適用される各規約をいい、以下、総称して「加盟店規約等」といいます)の定義に従うものとします。

第1条 用語の定義

本規約の用語の定義は次の各号に定めるとおりとします。

「加盟店」とは、本規約を承認のうえ、PayPayテーブルオーダーの利用を申し込み、当社がこれを承諾した者をいいます。

「PayPayテーブルオーダー」とは、加盟店が、PayPayアプリ上に商品等情報を掲載し、当該加盟店のテーブルや座席に設置された専用バーコードを読み取ったPayPayユーザーから商品等の注文を受け付け、当社が提供するPayPayアプリ上で決済することを可能にするサービスをいいます。

「注文」とは、加盟店のテーブルや座席に設置された専用バーコードを読み取ったPayPayユーザーが、PayPayアプリ上で当社および加盟店が指定する必要情報を入力することにより、当該加盟店へ商品等の購入を申し込むことをいいます。

「注文者」とは、PayPayテーブルオーダーを利用して加盟店が提供する商品等の注文を行ったPayPayユーザーをいいます

「PayPayテーブルオーダー運用ガイドライン」とは、当社が別途加盟店に提示するPayPayテーブルオーダーの運用にかかるルール、注意事項、掲載基準等をいいます。

「商品等」とは、加盟店が販売する商品もしくは権利または提供する役務をいいます。

「商品等情報」とは、加盟店がPayPayテーブルオーダーを介して、注文者に提供する商品等の情報をいいます。

「代替商品」とは、注文者の注文時においてPayPayアプリ上に掲載されていた商品等情報と同程度またはそれ以上であると当社が合理的に判断できる内容の商品のことをいいます。

「加盟店情報」とは、PayPayテーブルオーダーに登録された、当該加盟店に関する情報(名称、住所、連絡先等を含みますが、これらに限られません。)および商品等情報ならびにそれらに関連するその他一切の情報をいいます。

「購買情報」とは、PayPayユーザーが、PayPayテーブルオーダーを利用して加盟店に対して行った注文の内容、当該注文の対象とされた商品等(以下「対象商品等」といいます)の代金(以下「商品等代金」といいます)その他注文に関連する一切の情報であって、加盟店情報以外のものをいいます。

「仮決済機能」とは、注文者が商品等の注文を完了した時点で、注文者のPayPayウォレット(当社が提供する、お支払い方法を登録および管理することができるサービスをいいます。以下同じ。)において、商品等代金相当額のPayPay残高を保留し、注文者が当該残高を他取引に利用できない状態とし、商品等の受取後の特定時点その他の時点で当該残高による決済を完了させる機能をいいます。

「決済期間」とは、「PayPay利用申込書」等により当社と加盟店が合意した入金サイクルにおいて、各支払日の支払に対応する決済が行われる期間(前の締日の翌日から支払日の支払いにかかる締日までの期間)をいいます。

第2条 PayPayテーブルオーダーの利用申込

加盟店は、本規約およびPayPayテーブルオーダーの仕組みを理解・承諾の上、当社所定の方法により申し込むものとします。

第3条 契約の成立および審査基準

前条に従って加盟店からPayPayテーブルオーダー利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の審査基準(次項に定める内容を含みますが、これに限られません。)に基づき、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が加盟店に到達した時点をもって、当社と加盟店の間に本規約に基づくPayPayテーブルオーダー利用契約(以下「PayPayテーブルオーダー利用契約」といいます)が成立するものとします。

以下の各号に定める内容に該当すると当社が判断した場合、当社は、前項の加盟店による申込みを拒否することができるものとします。加盟店は、PayPayテーブルオーダーの利用開始後であっても、当社が以下の各号に定める内容に該当すると判断した場合には、PayPayテーブルオーダーの利用を停止するときがあることを予め承諾の上、PayPayテーブルオーダーを利用するものとします。なお、当該利用停止により加盟店に損害が発生した場合でも、当社は賠償責任を負いません。

PayPayテーブルオーダーを利用する加盟店舗が飲食業ではない場合

関連法規に反する営業行為・行政の指導に反する営業行為を行っていると判断される場合

経営難またはその可能性が高いと判断される場合

当社と係争中の場合

その他上記各号と関連性が高いと判断される加盟店または当社が別途指定する場合

第4条 加盟店・注文者間の契約

加盟店は、PayPayテーブルオーダーを通じて商品等の注文を受けた旨の通知(以下「注文受付通知」といいます)を受信した場合は、注文受付通知の内容および金額を確認し、当該注文を承諾するか否かを、PayPayアプリを通して注文者に通知(以下「注文承諾通知」といいます)するものとします。なお、加盟店が注文受付通知を受信した時点から「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の時間内に承諾の可否について注文者に通知しなかった場合は、当該注文を承諾しなかったものとみなします(PayPayアプリを通して注文者に注文拒絶通知が届きます)。

前項に基づく注文を承諾した旨の通知が注文者に到達した時点をもって、加盟店と注文者との間に、当該注文の対象商品等に関する契約(以下「注文契約」といいます)が成立するものとします。

加盟店は、注文契約の成立後は、第6項に定める引き渡し予定時刻までに注文者に対する対象商品等の引渡準備が完了するように引渡準備を行い、引渡準備が完了した場合には、PayPayアプリを通して注文者に通知(以下「引渡準備完了通知」といいます)するものとします。

加盟店は、注文者が入力した番号のテーブルや座席に対象商品等を配膳し、注文者が示す利用端末上で、注文画面の受取番号を確認し、対象商品等を当該注文者に引き渡すものとします。加盟店は、テーブルや座席の番号(以下「テーブル番号」といいます)と加盟店舗別に発行された専用バーコードに記載する番号を一致させたうえで、PayPayユーザーが正しいテーブル番号を記載した専用バーコードを読み取れるように設置し、自らの責任において誤認・誤読の防止措置を講じるものとします。当社は、テーブル番号の正確性について一切の責任を負わず、加盟店は、当該番号に関連して生じたトラブル等(加盟店が設定したテーブル番号が誤っていたことやユーザーが故意または過失により誤ったテーブル番号を入力したことより生じるクレーム等を含みますがこれに限りません)について自らの責任で解決するものとします。

加盟店は、加盟店による引渡準備完了通知が注文者に到達した時点から「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の時間内(以下「受取可能時間」といいます)に、注文者が対象商品等を受領しなかった場合は、対象商品等を廃棄することができるものとします。

加盟店は、PayPayアプリ上のPayPayテーブルオーダーの加盟店ページまたは注文ページに表示される、注文から商品等の準備が完了するまでに要する時間(以下「準備所要時間」といいます)について、準備に必要な時間を合理的に予測して表示するものとし、準備所要時間をもとに注文者が注文を完了した際にPayPayアプリ上に自動的に表示される商品等の準備完了の予定時刻(以下「引き渡し予定時刻」といいます)から当該注文に関する引渡準備完了通知を行う時刻が大幅に遅れることがないように、常に準備所要時間の表示を更新するものとします。当社は、当該時刻または時間の表示の内容について一切の責任を負わず、加盟店は、当該表示に関連して生じたトラブル等(引渡準備完了通知が引き渡し予定時刻より遅くなったことにより生じるクレーム等を含みますがこれに限りません)について自らの責任で解決するものとします。

第5条 注文のキャンセル等

注文者は、加盟店が前条第1項の承諾をするまでの間、いつでも注文をキャンセルすることができます。

加盟店が前条第1項の承諾をし、注文契約が成立した場合、以後、次項に定める場合を除き、加盟店または注文者は、相手方の同意なく注文契約を解除することはできないものとします。

注文契約が成立した場合であっても、加盟店が注文時から「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の期間が経過するまでに引渡準備完了通知を行わない場合、注文者は、加盟店に適宜の方法で通知を行うことにより、注文契約を解除することができるものとします。なお、当社は注文者による解除権の行使の方法、有効性等について一切の責任を負いません。

注文者は、引渡しを受けた注文契約の対象商品に不具合があり契約の内容に適合しない場合、当該引渡しを受けてから365日以内に加盟店に連絡した上で、当該商品と引き換えに、返品又は交換を受けることができるものとします。

第6条 商品等代金の支払

注文者がPayPayテーブルオーダーを通じて対象商品等の注文を行うと、注文者のPayPayウォレットにおいて、注文受付通知記載の代金相当額のPayPay残高が保留され、注文者は当該金額を他の取引に利用できない状態(以下「仮決済」といいます)となります。

注文契約成立後、以下の(1)および(2)のいずれか早い時点において、当社は当該注文契約にかかる対象商品等の代金相当額の売上承認処理及び売上確定処理を行うものとし、売上確定処理の完了時に当該金額の決済を行います。

注文者が当社に対し、当社所定の方法により商品等の受け取りが完了した旨を通知(以下「受取完了通知」といいます)したとき

引渡準備完了通知が注文者に到達してから「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の時間を経過したとき

当社は、前項に基づき売上確定処理が完了した商品等代金について、当社所定の入金サイクルにより、第9条1項の定めに従い支払いを行うものとします。なお、当該入金サイクルで定められた締日終了時点で次の(1)から(3)のいずれかの事由を満たす取引が、当該締日に対応する支払いの対象となります。

注文者による受取完了通知が行われたこと

引渡準備完了通知が注文者に到達してから「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の時間が経過したとき

その他当社が別途決済完了に関する通知を行ったこと

売上確定処理において、商品等代金その他の情報に誤りがあった場合は、加盟店規約等の売上承認処理及び売上確定処理に関する定めを準用するものとします。

第7条 キャンセルに伴う返金等

加盟店が第4条第1項に基づく注文の承諾を拒否した場合、注文者が、第5条第1項に基づき加盟店の承諾前に注文をキャンセルした場合、または注文契約が成立した場合において加盟店が注文時から別途定める期間を経過するまでに引渡準備完了通知を行わない場合(注文者が契約を解除しない場合を含みます)、当社は、注文者に対して仮決済機能により仮決済された金額について取消処理(保留されたPayPay残高を解放し、注文者が当該PayPay残高を他取引に利用できる状態に戻す処理)をするものとします。

加盟店または注文者が、注文契約成立後において、第5条第2項に基づき注文契約を解除した場合、加盟店が、加盟店規約等の定めに則り、「PayPayテーブルオーダーに関する期間」に記載の期間内に取消処理を行い、当社がこの処理を承認した場合に限り、PayPayによる決済を取り消すことができるものとします。

前項に基づき当社が決済の取消を行った場合に、当社は、当該取消に係る注文の商品等代金相当額について、前条に基づく支払いの義務を負わないものとします。また、既に前条に基づく支払が行われた場合には、加盟店は、これを直ちに当社に返還しなければならないものとします。この場合、当社は、前条に基づき加盟店に支払う商品等代金その他の当社が払うべき金銭から、加盟店が当社に返還する金銭相当額を控除することができるものとします。

第8条 PayPayテーブルオーダー利用料

加盟店は、当社に対して、加盟店規約等に基づく決済システム利用料に加え、次の各号に掲げる金額を支払うものとします。

PayPayテーブルオーダーによる注文契約成立の対価として、PayPayで支払いされた商品等代金の金額に当社所定の料率を乗じた金額(税別)(以下「PayPayテーブルオーダー利用料」といいます)

PayPayテーブルオーダーシステム利用の対価として、当社所定の月額料金(税別)(以下「PayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料」といいます)

当社は、PayPayテーブルオーダー利用料およびPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料を、第6条に基づき加盟店に支払う商品等代金から差し引く方法により精算するものとし、加盟店は当該方法により当社にPayPayテーブルオーダー利用料およびPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料を支払うものとします。

当社は、PayPayテーブルオーダー利用料およびPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料に関して領収書の発行または振替案内等の通知は行いません。

加盟店は、当社に支払うべき金銭債権の履行を遅滞した場合、完済日まで年14.6%(1年365日の日割り)の遅延損害金を支払うものとします。

当社は、PayPayテーブルオーダー利用料に係る料率またはPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料の金額を変更する場合があります。PayPayテーブルオーダー利用料に係る料率またはPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料の金額を値上げする場合、当社は加盟店に対し事前にその内容を通知または公表することでPayPayテーブルオーダー利用料に係る料率またはPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料の金額の変更をすることができるものとします。

第9条 精算

当社は、決済期間において、加盟店との関係でPayPayテーブルオーダーを通じ決済した商品等代金の合計金額から、当該決済期間に係るPayPayテーブルオーダー利用料、PayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料および当社所定の入金手数料ならびにこれに対する消費税を控除した残額を当社所定の支払期日までに、加盟店が届け出た振込指定金融機関口座に振り込む方法により支払うものとします(以下ここで支払う金銭を「精算金」といい、PayPay残高加盟店規約に定める精算金に関する各条項が適用されることとします)。ただし、当該支払日が銀行休業日に該当するときは、翌銀行営業日を支払日とするものとします。

当社が加盟店に対しPayPayテーブルオーダー利用料およびPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料に係る支払請求権以外の債権(PayPayテーブルオーダー利用契約に基づく債権に限りません。)を有している場合、当社は、前項に定める支払いを行う際に、当該債権に係る代金についても控除したうえで支払うことができるものとします。

加盟店が決済額に係る請求権以外に当社に対する支払債権を有している場合、当社は、第1項に定める支払を行う際に、当該債権に係る債務をあわせて支払うことができるものとします。

第10条 再委託

当社は、PayPayテーブルオーダーに関する自己の業務の全部または一部を、第三者に再委託することができるものとし、加盟店は、予めこれを承諾するものとします。

第11条 責任と役割分担

加盟店は、PayPayテーブルオーダーを利用するために必要なハードウェアおよびネットワーク並びに当社が推奨する環境等の設備を、自己の責任と負担により調達しなければならないものとします。

加盟店は、注文者に対し、商品等をその責任において提供するものとします。

加盟店は、前項の規定に基づき注文者に提供される商品等が、当該注文者の注文時においてPayPayアプリ上に掲載されていた商品等情報と同一であることを保証するものとします。万一、当該商品等情報と同内容の商品等を注文者に提供することができない場合、加盟店は、自らの費用と責任の下、注文者の同意を得て、代替商品を注文者に提供しなければならないものとします。

加盟店は、前項に定める保証に違反した場合、これによる注文者からのクレーム、請求等については加盟店が自己の責任と費用で対応するとともに、注文者に発生した損害を注文者に賠償するものとします。

第12条 加盟店の基本的遵守事項等

加盟店は、加盟店が提供する商品等に関連する法令その他の諸規則等を遵守の上、PayPayユーザーに対し商品等やサービスを提供するものとします。

加盟店は、PayPayユーザーがその生命、身体等の安全を確保しつつ、商品等やサービスの提供を受けることができるよう、必要な配慮をするものとします。

加盟店は、PayPayユーザーに対し、加盟店の他の一般顧客に比べ不利な扱いをする等、当社の信用を損なう行為を行わないものとします。

加盟店は、商品等やサービスにつき、PayPayユーザーからの苦情(加盟店に関する苦情を含みますが、これに限られません。)等を受けた場合には、当該苦情等につき誠実に対応・回答するものとします。なお、当社を通じてPayPayユーザーの苦情等の報告を受けた場合も同様とします。

加盟店は、在庫切れ等により、商品等を提供できない場合や、提供した商品等に契約不適合があった場合には、一切自己の責任と負担において、PayPayユーザーに対し誠実かつ妥当な対応を行い、当該不履行や商品の契約不適合にかかる紛争等の解決を図るものとし、当社をPayPayユーザーとの紛争等から一切免責するものとします。なお、本項の規定は、当社が必要と認めた場合、当社が加盟店に代わってPayPayユーザーに対応することを妨げるものではありません。当社が加盟店に代わって対応を行った場合、当社は対応に要した費用を当該加盟店に請求することができるものとします。

万一、天災地変等やむを得ない事由により、加盟店が商品等を提供できない場合には、自己の責任と負担において、直ちに注文者に対して当該商品の提供が不可能である旨を通知するものとします。

第13条 禁止事項

加盟店は、PayPayテーブルオーダーの利用に関し、PayPayテーブルオーダーの管理・運営および編集権限が当社にあることを了承した上で、次の行為をしてはならない。なお、加盟店の行為が以下の項目に該当するか否かは、当社が合理的に判断するものとし、加盟店は、当社の判断に対し、何らの異議を申し立てないものとします。

当社に虚偽の事項を届け出る行為

法令の定めに違反する場合

犯罪に結びつく行為およびその可能性のある行為

公序良俗に反する行為

PayPayユーザーの判断に錯誤を与えるおそれのある行為

当社および当社の委託先(委託先の従業員等も含む。)、他の加盟店または第三者に対して、権利(知的財産権を含む。)の侵害、プライバシーの侵害、誹謗中傷その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為

当社または第三者を差別または誹謗中傷する行為

当社または第三者の信用を損なう行為

当社のサービス業務(PayPayテーブルオーダーを含むがこれに限られない。)の運営・維持を妨げる行為

PayPayテーブルオーダーに関し利用しうる情報を改竄する行為

有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込む行為

PayPayテーブルオーダーの仕様を当社の同業他社等第三者に漏洩する行為

提供不可能な商品等の内容を登録する行為

PayPayテーブルオーダー利用料等の手数料を商品等代金の価格に上乗せする行為

同一の商品についてPayPayテーブルオーダーを利用しない取引と比べてPayPayユーザーに不利な商品等代金の価格を設定する行為

他人になりすましてPayPayテーブルオーダーを利用する行為

当社の承認した以外の方法により、PayPayテーブルオーダーを利用する行為

当社または第三者に対する迷惑行為

その他当社が不適切と判断した行為

加盟店は、以下の各号に該当する内容の注文を受け付けるために、PayPayテーブルオーダーを利用してはならないものとします。なお、加盟店の行為が以下の項目に該当するか否かは、当社が合理的に判断するものとし、加盟店は、当社の判断に対し、何らの異議を申し立てないものとします。

事業内容、営業方法等が関係諸法規に違反すると判断される商品等の注文

悪質商法に関する注文

PayPayユーザーの安全・安心の観点から、著しく不適合と判断される商品等の注文

プライバシーの侵害、差別を肯定・助長する可能性が高いと判断される商品等の注文

宗教広告等の思想信条に関わる注文

ネットワークシステムによる販売方法に関わる注文

性的な要素をサービスとした注文

開運関連のサービスとした注文

科学的根拠の乏しいと判断される商品等の注文

その他上記各号に関わると判断される商品・サービスの注文または当社が別途定める商品等の注文

第14条 加盟店情報等の入力等

加盟店は、加盟店情報に変更が生じた場合には、当社の所定の方式に従い、変更内容の登録を行わなければならないものとします。

加盟店は、商品等情報を、当社の所定の方式に従い、PayPayテーブルオーダーに登録しなければならないものとします。当社は、当該商品等情報の登録内容を承認した場合は、PayPayユーザーに対し、当該商品等情報を表示するものとします。

加盟店は、前項に基づき登録した商品等情報に変更が生じた場合には、当社を通じて、登録内容の変更を直ちに行い、常に最新の情報を提供しなければなりません。

加盟店は、登録した商品等情報について、その注文を厳格に管理し、自己の責任において当該商品等情報にかかる在庫等を注文者のために確保しなければならないものとします。

加盟店は、当社を通じて加盟店情報を入稿する場合、当社のPayPayテーブルオーダー運用ガイドラインに従って正確な情報を当社に伝えるものとします。

当社は、加盟店情報がPayPayテーブルオーダー運用ガイドラインに適う内容であるか否かを審査することができるものとします。加盟店は、PayPayテーブルオーダー運用ガイドラインに反する加盟店情報の存在が判明した場合等、当社が必要と判断した場合には、当社が当該加盟店情報の削除・変更を行う場合があることを承諾するものとします。また、加盟店は、当該加盟店情報に関して当社より削除・変更の要請があった場合には、これに速やかに応じるものとします。

当社が前項に基づき、加盟店情報等の削除・変更を行った場合および加盟店に削除・変更の要請を行った場合においても、加盟店に生じた損害について賠償する責任を負わないものとします。

加盟店は、本条に違反したことによりPayPayユーザーとの間で生じた一切の争いおよび損害については、自らの責任と費用をもって負担するものとします。

当社は、PayPayテーブルオーダーの利用状況確認または広告、宣伝、クーポン発行等のプロモーション等のため、加盟店への通知または加盟店の承諾なしに、加盟店および加盟店舗にかかる住所、屋号、企業名、電話番号、メールアドレスにかかる情報を、当社の提携先へ提供することができるものとし、加盟店は予めこれを承諾するものとします。当社が提携先から提携を受けた情報に個人情報が含まれる場合には、当社のプライバシーポリシーに従って当該情報を取り扱います。

第15条 契約期間・解除・損害賠償等

PayPayテーブルオーダー利用契約の有効期間は、契約の成立日より1年間とします。ただし、契約満了月の20日までに当社または加盟店のいずれからも別段の意思表示が為されない場合には、同一条件で1年間延長されるものとし、以後も同様とします。

当社および加盟店は、理由の如何を問わず、PayPayテーブルオーダー利用契約期間中何時においても、解約希望月の20日までに相手方に当社所定の方法で通知することにより、PayPayテーブルオーダー利用契約を解約することができるものとします。

当社および加盟店は、理由の如何を問わず、PayPayテーブルオーダー利用契約期間中何時においても、店舗解約希望月の20日までに、相手方に当社所定の方法で通知することにより、特定の加盟店舗をPayPayテーブルオーダーの提供対象から除外(本条において店舗解約といいます)することができるものとします。ただし、店舗解約を行うことで加盟店においてPayPayテーブルオーダーの提供対象である加盟店舗がなくなる場合は、加盟店は前項により基づく通知を行うものとします。

前2項にかかわらず、加盟店または当該加盟店に関連する施設、個人、法人もしくは団体が次の各号に該当する場合、当社は、即時に、当該加盟店によるPayPayテーブルオーダーの利用を停止し、商品等情報もしくは加盟店情報を削除し、またはPayPayテーブルオーダー利用契約を解除することができるものとします。

本規約の規定に違反し、期限を定めて是正を求めたにもかかわらず是正しないとき、または是正できないことが明らかなとき

第3条2項または第12条に違反したとき

当社の信用を傷つけたとき

差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき

手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき

事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき

合併、分割等により経営環境に大きな変化が生じたとき

財産状況に重大な不安が生じたとき

営業を廃止したとき、または清算にはいったとき

当社に不利益をもたらしたとき、または不利益をもたらす恐れがある行為をしたとき

当社および当社の委託先(委託先の従業員等を含みます。)に対する暴言・暴力行為が行われたとき

当社との間でトラブルや紛争が発生して、当社との間の信頼関係が破壊されたまたはその虞があると、当社が合理的に判断したとき

当社の審査基準に抵触すると当社が判断したとき

PayPayユーザーからの苦情または加盟店の商品等にかかるトラブル等(加盟店の債務不履行や商品の契約不適合によるものを含みますが、これに限られません。)から、当該加盟店によるPayPayテーブルオーダーの利用が、PayPayテーブルオーダーの信用等に影響を及ぼす可能性があると合理的に判断したとき

その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき

加盟店は、当社が、前項第14号の規定に基づいてPayPayテーブルオーダーの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した根拠を注文者およびPayPayユーザーに対して開示することを承諾し、当該開示に対して、何らの異議を申し立てないものとします。

PayPayテーブルオーダー利用契約終了日において、加盟店と注文者の間で未だ提供されていない商品等に関する注文契約が存在している場合、加盟店は、自己の責任において、当該商品等を提供するものとします。

PayPayテーブルオーダー利用契約の終了原因を問わず、加盟店は、契約終了日以降PayPayテーブルオーダーを使用することができないものとします。当社は、PayPayテーブルオーダー利用契約終了日後、PayPayテーブルオーダー上に登録された一切の情報を削除します。

本規約に定める他、当社は、加盟店が、法令並びにPayPayテーブルオーダー利用契約および当社との関係に適用される他の規約の規定に違反した場合、当該違反を理由にPayPayテーブルオーダー利用契約を解除できるものとし、当該解除と併せて当該違反により当社が被った損害(遅延損害金を含みます。)の賠償を加盟店に対して請求することができるものとします。

第16条 PayPayテーブルオーダーの変更・停止・廃止

次の各号に該当する場合、当社は、加盟店への予告なしに、PayPayテーブルオーダーの全部または一部を停止することができるものとし、これに起因して加盟店または第三者に発生した損害につき、当社は、何ら責任を負わないものとします。なお、当該停止があった場合でも、加盟店は決済システム利用料、PayPayテーブルオーダー利用料およびPayPayテーブルオーダープラットフォーム利用料(以下、総称して「決済システム利用料等」という)の支払義務を負うものとし、加盟店が既に決済システム利用料等を当社に支払っている場合にも、当社は加盟店に対し、当該決済システム利用料等の返還義務を負わないことを予め承諾するものとします。

定期的または緊急に、PayPayテーブルオーダーの保守または仕様の変更を行う場合

天災地変その他非常事態(戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等を含みますが、これらに限られません。)が発生し、または発生するおそれがあり、PayPayテーブルオーダーの提供が困難または不能となった場合

当社が、やむを得ない事由によりPayPayテーブルオーダーの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

PayPayテーブルオーダー提供のためのシステムの不良、第三者からの不正アクセス、コンピューターウィルスの感染等により、PayPayテーブルオーダーの提供が困難または不能であると当社が判断した場合

法令等に基づく措置により、PayPayテーブルオーダーの提供が困難または不能であると当社が判断した場合

その他当社が止むを得ないと判断した場合

前項にかかわらず、当社は、PayPayテーブルオーダーの全部または一部を、加盟店への予告なしに、いつでも、改訂、追加、変更または廃止することができるものとし、これに起因して加盟店または第三者に発生した損害につき、当社は、一切、賠償責任を負わないものとします。

第17条 当社の免責

当社は、PayPayテーブルオーダーの提供において、不具合、エラーや障害が生じないこと、また、PayPayテーブルオーダーに関連して送信される電子メール、ウェブコンテンツ等に、コンピューターウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しません。

当社は、PayPayテーブルオーダーによって提供される情報について、正確性、最新性、完全性、有用性、目的適合性、安全性、合法性、真実性等いかなる事項についても保証しません。

加盟店は、通信環境その他の事情によりPayPayテーブルオーダーの全部または一部を利用できない場合があることを予め承諾の上、PayPayテーブルオーダーを利用するものとします。当社は、アクセス過多、その他予期せぬ要因に基づくPayPayテーブルオーダーの表示速度の低下や障害等に起因して発生したいかなる損害についても、賠償責任を負わないものとします。

当社は、端末がPayPayテーブルオーダーの利用に適さない場合であっても、PayPayテーブルオーダーの変更、改変等を行う義務を負わないものとします。なお、PayPayテーブルオーダーを利用するにあたっては、当社が別途提示する利用可能条件に適合した端末の準備、設定が必要です。また、当社は、加盟店への通知または加盟店による承諾なしに、いつでも、ソフトウェアについて、バージョンアップその他の変更・修正を行うことができるものとし、これにより加盟店に発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

当社は、通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス被害、天変地異に、疫病よる被害、電力・通信サービス等社会インフラの停止その他当社の責めによらない事由により加盟店に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

PayPayテーブルオーダーの利用を通じて締結される、加盟店と注文者の間の契約は、加盟店と注文者との間において直接締結されるものであり、商品等の提供に関しては、すべて加盟店と当該注文者間で決定されるものとし、当該注文者および関係するその他の第三者に対する一切の責任は、加盟店が負うものとします。

当社は、注文者が提供する情報の真偽・正確性等、その他注文者や注文につき何らの保証も行わないものとします。また、当該情報に基づいて加盟店が被った損害等一切責任を負わないものとします。

当社は、PayPayテーブルオーダーの利用または利用不能に関し、加盟店とPayPayユーザーその他の第三者との間に生じた一切のトラブルについて、何らの責任も負わないものとします。また、加盟店は当該トラブルに関するPayPayユーザー等からの問合せ等についても加盟店の費用と責任で対応するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

当社は、PayPayテーブルオーダーの利用に関連して加盟店に発生した損害につき、一切の責任を負わないものとします。ただし、当社の故意または重過失による損害であることが明白な場合はこの限りではなく、その場合、当社は、加盟店に通常かつ直接生じた損害の範囲内で、損害を賠償するものとします。

第18条 補完

本規約に定めの無い事項は、加盟店規約等の各条項が有効に適用されるものとします。

第19条 協議解決

本規約および加盟店規約等に定めのない事項が生じた場合、または本規約の解釈に疑義が生じた場合は、当社と加盟店は、お互い誠意を持って協議し、その解決を図るものとします。

第20条 言語、準拠法、合意管轄

本規約は日本語を正文とし、日本法に基づき解釈され、PayPayテーブルオーダー利用契約に関し紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年9月16日制定

PayPayテーブルオーダーに関する期間

PayPayテーブルオーダーの利用時に適用される期間は以下の通りです。

注文契約成立に係る時間

注文申込から15分以内に、加盟店が承諾した場合、当該注文契約が成立します。

注文申込から15分以内に、加盟店が拒否または応答しない場合、当該注文契約はキャンセルとなります。

受取可能時間 PayPayテーブルオーダー利用者に引渡準備完了通知が到達してから1時間は、対象商品の受け取りが可能です。
決済の完了 PayPayテーブルオーダー利用者が受取完了通知を行った時、または、引渡準備完了通知の到達から6時間経過後のいずれか早い時点で、決済が完了します。
仮決済の取消

以下、いずれかの時点で仮決済は取消されます。

加盟店が注文を承諾しなかった時点

PayPayテーブルオーダー利用者が、注文契約成立前に、自らキャンセルした時点

加盟店が引渡準備完了通知を行わず、注文時から24時間経過した時点