2020年4月15日版 PayPay残高利用特約

最新の利用規約はこちら

PayPay残高利用特約

PayPay残高利用特約(以下「本特約」といいます。)は、PayPay株式会社(以下「当社」といいます。)が別途定めるPayPayサービス利用規約およびPayPay残高利用規約(以下「利用規約等」といいます。)の特約として、PayPayカード株式会社(以下「PayPayカード」といいます。)が当社のアプリケーション等を介して提供するあと払いに関するサービス(以下「あと払いサービス」といいます。)をご利用になる全ての方に共通して適用されるものです。
本特約において使用されている用語は、特段の定めがない限り、PayPay残高利用規約に従います。また、本特約と利用規約等との間に内容の齟齬がある場合は、本特約の内容が優先して適用されるものとします。

第1条 あと払いサービスの利用

当社は、あと払いサービスをご利用になるお客様に対して、PayPayサービス利用規約第2編第1章第4条第1項に定める「決済方法」の一つとして、あと払いサービスを利用できるようにするものとします。

あと払いサービスのご利用は、PayPayのサービスをご利用になるお客様ご自身によるご利用でなければなりません。

第2条 利用可能なPayPay残高

お客様は、あと払いサービスの利用にあたり、当社のアプリケーション上での所定の手続を行うことで、あと払いサービスに関してPayPayカードが定めるあと払いサービスの利用代金、利用手数料その他お客様のPayPayカードに対する一切の支払債務(以下総称して「支払債務」といいます。)の清算(以下「本件清算」といいます。)をPayPay残高にて行うことができます。ただし、当社またはPayPayカードがPayPay残高での清算を制限した場合は、この限りでありません。

本件清算に用いることができるPayPay残高の種別は、PayPayマネーに限られます。

第3条 オートチャージ

お客様は、本件清算にPayPay残高を用いるときにおいて、お客様が保有するPayPayマネーの残高が本件清算の対象となる支払債務の総額に満たない場合は、その不足額に相当するPayPayマネーをお客様が次項に基づいて設定した方法により自動的に購入し(以下当該購入行為を「オートチャージ」といいます。)、本件清算を完了させることができます。

お客様は、あと払いサービスを利用する際に、当社所定の手続に従って、オートチャージを行うための銀行口座情報を登録し、当該銀行口座からの送金をもってオートチャージを行う旨の設定をすることができます。この場合、お客様は、当該設定を行った時点でオートチャージについて承諾をしたものとし、当該承諾は上記設定を変更するまで継続するものとします。

前二項の規定は、お客様による本件清算の完了を当社が保証するものではありません。お客様は、前項に基づいて登録した銀行口座情報の変更、当該銀行口座の残高不足等の事情により第1項に定める購入が行えないことがあること、および、これによってお客様に生じた損害について当社が何ら責任を負わないことを確認します。ただし、上記事情の発生において当社に故意または重過失があった場合はこの限りでありません。

第4条 利用停止

当社は、利用規約等に定める場合のほか、お客様が次の各号のいずれかの事由に該当した場合には、あと払いサービスを第1条に定める決済方法の対象外とすることができます。

PayPayのサービスの不正利用が行われ、または行われるおそれがあると当社が認めた場合

あと払いサービスの利用者がPayPayのサービスをご利用になるお客様以外の者であるなど、あと払いサービスの不正利用が行われ、または行われるおそれがあると当社が認めた場合

別途PayPayカードから指示があった場合

当社は、前項によりお客様が損害を被ったとしても、当社に故意または重過失がない限り、その損害について一切責任を負わないものとします。

第5条 本特約の変更

当社が必要と判断した場合には、お客様にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

以上

2020年4月15日制定

TOP