PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

マイナポイント事業におけるキャッシュレス決済事業者登録について

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、総務省が2020年9月1日から実施する「マイナポイント事業」(以下、本事業)において、キャッシュレス決済事業者として本日登録されました。これにより、「マイナポイント」を申し込むユーザーが、マイナポイントの付与を受けるキャッシュレス決済サービスとして「PayPay」を選択すると、PayPay残高にチャージまたはPayPay残高を利用した際にその金額の25%(最大5,000円相当)のPayPayボーナス(※)が付与されます。マイナポイントの申し込みは、2020年7月1日に開始される予定です。

 本事業は、2020年9月から2021年3月までの7カ月間、消費の活性化を図ると同時に、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的として、マイナンバーカードを取得し、所定の手続きを完了した国民に対し、当該キャッシュレス決済サービスで利用可能なポイントなどを付与するものです。

 PayPayはこれまで、大規模商業施設やチェーン店だけでなく、現金決済が主流であった中小規模事業者のキャッシュレス化を推進するため、全国20カ所に営業拠点を設けて加盟店の拡大に努めてきました。本事業を通じて、本事業の目的に貢献するだけでなく、ユーザーへのお得なお買い物体験の提供、PayPay加盟店の拡大や、便利で使いやすいアプリケーションの開発などにより、国内のさらなるキャッシュレス化と、サービスの利便性の向上を目指していきます。

※ PayPayボーナスの詳細はこちらをご確認ください。

■参考リンク:

総務省「マイナポイント事業」ホームページ https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

■本事業におけるPayPayボーナス付与の概要

手続きの例

マイナンバーカードを取得後、マイキーIDを設定

(1)で設定した情報をもとに、マイナポイント申込時にマイナポイントの付与を受けるキャッシュレス決済サービスとして「PayPay」を選択

PayPay残高にチャージまたはPayPay残高を利用

※ 手続き方法の詳細は、総務省の「マイナポイント事業」ホームページをご確認ください。

付与内容

PayPay残高にチャージまたはPayPay残高を利用した金額の25%分のPayPayボーナスを付与

※ マイナポイントの付与対象となる「PayPay」の利用方法の詳細は、決まり次第お知らせします。

本事業実施期間

2020年9月1日 ~ 2021年3月31日

※ マイナポイントの申し込みは、2020年7月1日から開始する予定です。

付与上限

1人あたり5,000円相当(20,000円分のチャージまたはPayPay残高の利用金額)

※ PayPayボーナス付与のタイミングは、決まり次第お知らせします。

■「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

■PayPay加盟店について

主なPayPay加盟店は、「PayPay」のホームページで紹介しています。また、PayPayアプリ内の地図でお近くの加盟店をご確認いただけます。

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>