PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」への支援について

~ スマホ決済サービス「PayPay」の「きせかえ」を購入して、活動を応援できる ~

特設ページ(5月1日オープン):https://paypay.ne.jp/app-view/supportwithpaypay-akaihane/

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、社会福祉法人中央共同募金会および都道府県共同募金会(以下、「全国の共同募金会」)による、臨時休校中の子どもと家族を支えるための緊急支援活動を応援する取り組みを実施します。2020年5月1日から5月21日までの間、スマホ決済サービス「PayPay」のアプリのデザインを変更できる支援アイテム(きせかえ)を購入いただくと、購入額から消費税を差し引いた売上金全額が、PayPayから全国の共同募金会へ支援されます。「きせかえ」は、特設ページにおいて、300円(税込み)で販売し、消費税はPayPayが国に納めます。

■きせかえ一例

<「PayPay」でできる「全国の共同募金会」への支援について>

特設ページ(5月1日オープン):https://paypay.ne.jp/app-view/supportwithpaypay-akaihane/

期間

2020年5月1日 午前0時 ~ 5月21日 午後11時59分

支援する内容

新型コロナウイルス感染症対策として、全国各地の小・中・高校・特別支援学校で臨時休校の措置がとられています。全国の共同募金会では、子どもたちや保護者が新学期を安心して迎えられるような環境づくりのために、こうした配食や学習支援等の緊急支援活動を、資金面で支える目的で、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」による助成事業を実施しています。PayPayはこの活動を支援するため、「きせかえ」の売上金から消費税を差し引いた全額を支援します。

支払い方法

PayPay残高からの支払い(クレジットカードは利用できません)

なお、本支援の終了後、2020年5月22日から6月11日まで、日本赤十字社を支援する取り組みを実施する予定です。本支援と同じく、300円(税込み)で支援アイテム(きせかえ)を購入いただくと、購入額から消費税を差し引いた売上金全額が、PayPayから日本赤十字社へ支援されます。詳細は、決まり次第お知らせします。

■「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>

TOP