PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

事前注文サービス「PayPayピックアップ」の加盟店申し込み件数が1カ月で2,000件を突破

~ まちの飲食店から大手企業まで、新型コロナウイルス感染症の影響で通常営業ができない飲食店に、新たな営業方法を提案 ~

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、事前注文サービス「PayPayピックアップ」の加盟店からの申し込み件数が、申し込み受け付け開始から1カ月で2,000件を突破(※1)しましたのでお知らせします。

 「PayPayピックアップ」は、キャッシュレス決済サービス「PayPay」のアプリ内で注文を事前に完了し、店舗で商品を受け取ることができるモバイルオーダーサービスです。店頭持ち帰り商品を提供する飲食店を対象に5月1日より申し込み受け付けを開始し、わずか1カ月弱で2,000件以上の申し込み(※2)をいただきました。

 飲食店は、キャッシュレスによる決済業務の負担軽減や、販売機会の拡大、自らアプリ開発をしなくてもモバイルオーダーサービスが実現できるなどのメリットに加え、事前注文時にお受け取り予定時間をお知らせしますので、お客様の来店をより確実にすることで代金の未回収リスクを回避できるのも大きなメリットです。

 「PayPayピックアップ」を利用するユーザーは、効率的に商品をテークアウトでき、店内での滞在時間や他の来店客との接触を最小限に抑えられます。2020年5月18日よりウェンディーズ・ファーストキッチンおよびファーストキッチンの一部の対象店舗で先行して利用することができ、今後、審査と手続きが完了した店舗から6月以降順次利用できるようになります。また、6月8日からは静岡県掛川市内の対象飲食店で、全国初となる「PayPayピックアップ」を利用した方を対象としたキャンペーンを実施します。

 PayPayは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される中、「Uber Eats」や「出前館」といったデリバリーサービスのオンライン決済に対応したり、NHKの受信料や、東京都税の請求書払いに対応するなど、あらゆるシーンで「PayPay」を利用できるように取り組んできました。今後も、「PayPayピックアップ」をはじめとした「いつでも、どこでもPayPayで」利用できるサービスを増やし、全国のまちのお店から大手企業までさまざまな店舗を支援するサービスの提供を目指します。

■PayPayピックアップ 加盟店申し込み受付ページ:https://paypay.ne.jp/store/pickup/

■PayPayピックアップ 利用方法について: https://paypay.ne.jp/guide/pickup/

※1 5月26日時点。

※2 加盟店の審査と手続きが完了した店舗からサービスをご利用いただけるようになります。

■「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>

TOP