PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

PayPayが全国の地方自治体を支援!地方自治体による「PayPay」を活用したキャンペーンの相談窓口をオープン

~ 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている地域に対し、 日本各地に営業拠点を持つPayPayがそれぞれの地域に密着し、経済活性化をサポート ~

キャンペーンページ:https://paypay.ne.jp/event/support-local/

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、日本各地で新型コロナウイルス感染症拡大の大きな影響が出ていることを受け、「PayPay」を活用したキャンペーンなどで、地域経済対策や住民の生活支援を検討している地方自治体からの相談窓口を2020年6月17日に開設しました。

 PayPayでは、これまでも各地方自治体などと連携したキャンペーンの実施や、公共料金の支払いなどに対応してきました。特に連携キャンペーンの実施にあたっては、自治体が「PayPay」を活用することで地域振興券や商品券などの発行や換金、印刷などが不要になるだけでなく、利用者にとっても商品券の購入などで特定の場所に出かける必要がなくなり、人の密集を避けながら簡単・安心にキャンペーンに参加ができるなど、双方にとっての利便性が高まっています。現在、約100の地方自治体から共同キャンペーン実施などに関する問い合わせをいただいており、埼玉県秩父市や静岡県掛川市、浜松市をはじめとした多くの地方自治体と連携し、地域経済の活性化につながる取り組みを行っていく予定です。

 また、全国各地にあるPayPayの営業拠点のメンバーが各地域の状況に合わせて「PayPay」の導入や各種サポートを行うなど、地域に密着した活動を行ってきました。今後も、全国220万カ所以上(※1)の加盟店、2,800万人(※2)以上の登録ユーザー数を有するPayPayは、地方自治体に協力し、地域経済の活性化に取り組むことで、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた地域の店舗や住民の生活を支援し、将来的に「地方創生」へとつながる取り組みを進めていきます。

■ 地方自治体とPayPayの連携について

PayPay地方自治体キャンペーンサイトにて、具体的な事例紹介やキャンペーンについて紹介しています。キャンペーンの実施や、PayPayとの連携、「PayPay」の導入などを検討している地方自治体の方は、地方自治体専用お問い合わせフォームよりご連絡ください。追って全国の営業拠点よりご連絡いたします。

■ 地方自治体などとの連携で実施したキャンペーン例

実施エリア キャンペーン
開催時期
キャンペーン名 キャンペーン内容
福井県福井市 2019年9月20日
~ 9月22日
「オールフクイwithPayPay大抽選キャンペーン」 本キャンペーン開催期間中に、対象店舗にて1,000円(税込)以上ご購入で、抽選券1枚進呈。抽選券2枚で1回抽選が可能。
群馬県草津町 2020年1月14日
~ 2月16日
「湯けむりPayPayキャンペーン」 本キャンペーン開催期間中に、対象店舗にて「PayPay」で支払うと、決済額の10%のPayPayボーナスを付与
静岡県伊東市 2020年3月16日
~ 3月31日
「伊東市がおトク!最大5%戻ってくるキャンペーン」 本キャンペーン開催期間中に、対象店舗においてPayPay残高で支払うと、5%のPayPayボーナスを付与
静岡県掛川市 2020年6月8日
~ 7月7日
「がんばれ掛川! PayPayピックアップでテークアウトがおトク!キャンペーン」 本キャンペーン開催期間中に、対象飲食店において事前注文サービス「PayPayピックアップ」を利用してテークアウト商品を購入すると、最大10%のPayPayボーナスを付与
埼玉県秩父市 2020年7月1日
~ 7月31日
「がんばれ秩父!最大20%戻ってくるキャンペーン」 本キャンペーン開催期間中、対象店舗でPayPayで支払うと、お支払い金額の最大20%をPayPayボーナスで付与。
静岡県浜松市 2020年7月1日
~ 7月31日
「がんばれ浜松!対象のお店で最大30%戻ってくるキャンペーン」 本キャンペーン開催期間中に、対象の店舗においてPayPayで支払うと、最大30%のPayPayボーナスを付与。
愛知県西尾市 2020年7月1日
~ 7月31日
「がんばれ西尾市!対象飲食店で最大20%戻ってくるキャンペーン」 本キャンペーン開催期間中、対象飲食店でPayPayで支払うと、お支払い金額の最大20%をPayPayボーナスで付与。

■ 「PayPay請求書払い」対応支払先

「PayPay請求書払い」は、電気・ガス・水道料金などの公共料金や通販の請求書(払込票)に記載されたバーコードを、PayPayアプリで読み取ってその場で支払うことができるサービスです。全国の地方自治体と連携しており、24時間いつでも自宅など対応可能な場所で簡単に支払うことができます。対応している地方自治体についてはこちらからご確認ください。

 なおPayPayでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される中、「Uber Eats」や「出前館」などのデリバリーサービスのオンライン決済への対応や、テークアウトで営業している飲食店などに対し事前注文サービス「PayPayピックアップ」を提供開始するなどの店舗支援をはじめ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために活動している各団体への支援などを実施しています。今後もPayPayにできることを考え、さまざまな施策を実施してまいります。

※1 店舗やタクシーなど、「PayPay」への加盟契約申込数です。2020年4月時点。

※2 PayPayアプリをダウンロードした後、アカウント登録を行ったユーザーの数です。2020年4月時点。

■ 「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>

TOP