PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

自社のECサイトやアプリに「PayPay」を導入できる開発者向けツール「PayPay for Developers」の提供を開始

~ 日本初! オープンAPIとリアルタイムデモができる開発環境を提供 ~

PayPay for Developers : https://developer.paypay.ne.jp/

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、自社で運営するECサイトやアプリなどオンラインサービスの決済システムとして「PayPay」を簡単に導入できる開発者向けツール「PayPay for Developers」を2020年7月29日より提供開始します。

PayPay for Developers

 「PayPay for Developers」では、システム開発者向けに、自社で運営するECサイトやアプリ上で、「PayPay」とAPI(※1)連携させ、「PayPay」を利用したオンライン決済ができるシステムの実装方法を公開しています。また、API連携方法や実装方法の公開だけでなく、開発者が実際に「PayPay」を利用して決済を行い、API連携時の挙動をリアルタイムで確認することができる安全な開発環境も提供しています。日本国内でこのようなオープンAPIとリアルタイムに動作確認ができる開発環境を搭載した開発者向けサイトの提供することは、PayPayが初めて(※2)です。

 自社でECサイトやアプリを運営している企業は、決済システム開発に「PayPay for Developers」を利用することで、「PayPay」を導入する際の手順や開発工数、動作を事前に確認でき、これまでよりもスピーディーに「PayPay」を導入できます。また、小規模な自社サイトを運営する企業でも「PayPay for Developers」のサイト上で提供している開発環境や開発サポート機能を利用することで、手軽に「PayPay」を使ったオンライン決済を導入することができ、決済システム開発の導入工数を大幅に削減することができます。


<「 PayPay for Developers」で提供する機能について>

 「PayPay for Developers」では、オンライン上で「PayPay」を利用して決済する主な以下4つの機能について紹介しています。本サイトは無料で利用でき、実際にPayPayアカウントを利用して決済してみる(※3)ことや、デモのサンプルコード、API仕様書について確認できます(※4)。

「PayPay」の支払い画面を表示して決済を行う「ウェブペイメント」機能

 「ウェブペイメント」は、ユーザーがECサイトなどを利用する際に、パソコンやスマートフォンなど複数の端末で利用する場合や、アプリとブラウザの両方で利用する可能性がある場合に適した機能です。決済方法としては、自社サービス上で「PayPay」の支払い画面をユーザーに表示し決済を行います。パソコンで利用する場合は、ウェブブラウザ上に表示したQRコードをユーザーが読み取る(後述の③「動的ユーザースキャン」と同じ機能)、またはウェブブラウザ上でユーザーがPayPayアカウントにログインし利用できます。スマートフォンで利用する場合は、ユーザーのスマートフォン上でPayPayアプリが起動し、支払うことができます(後述の④「アプリコール」と同じ機能)。

事前に連携したPayPayアカウントで支払う「ネイティブペイメント」機能

 「ネイティブペイメント」は、ユーザーが事前にPayPayアカウントを自社サービス上で連携することにより支払いが可能になる機能で、「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」などで活用されています。ユーザーにより負荷のない決済手段を提供したい場合に活用できる機能で、自社サイトのアカウント情報とPayPayアカウント情報を連携することで利用できます。より安全な決済システムを提供するために、PayPayでは導入時のセキュリティー要件を定めています。

自社サイト上でPayPay決済ができる動的QRコードを表示する「動的ユーザースキャン」機能

 「動的ユーザースキャン」は、「PayPay」で支払うことができるQRコードを動的に表示する機能で、タブレットやテレビ画面などに表示して支払いを行う場合、自動販売機で支払いを行う場合、請求書の支払い方法としてQRコードの印刷が必要な場合など、さまざまな利用状況で活用できます。

PayPayアプリを呼び出して決済をする「アプリコール」機能

 「アプリコール」機能は、支払い時に自社が運営するECサイトやアプリからPayPayアプリを起動して遷移し、決済を行うことができる機能で、自社サービスの支払いがスマートフォンで行われる場合に活用できます。

 オンライン決済にPayPayを導入するには、「PayPay for Developers」に登録、および加盟店申し込みが必要です(※5)。登録および申し込みが完了すると、実際にAPI連携を行うことができる本番環境が利用できます。

 「PayPay for Developers」サイトに登録いただくことでさまざまな機能を利用できます。例えばSandbox環境でAPI接続時のシナリオとコードスニペットの確認ができる「PayPay Lab」や、開発用のユーザーIDとパスワードを使って開発環境でPayPayアプリを利用できるようになります。その他にもAPI接続時のエラーハンドリングができる「PayPay Resolve」など、開発者が簡単、安心かつスピーディーに「PayPay」を導入できる機能を提供しています。

 すでにオンライン決済で「PayPay」が利用可能な加盟店は、全国12万カ所(※6)を突破しており、「DiDi」や「Coke ON」、「Uber Eats」など、大手企業にもAPI連携を通じたオンライン決済を提供しています。「PayPay for Developres」を利用して、オンラインでも「PayPay」決済ができる加盟店を増やすことで、累計3,000万人(※7)を超えるPayPayユーザーに対してさらなる利便性を提供し、スーパーアプリ化を推進していきます。


■「PayPay for Developers」の登録はこちらから

 PayPayでは、開発者向けウェブセミナーの開催を予定しています。セミナーの予定や参加方法は、「PayPay for Developers」のサイトやご登録いただいているメールなどで告知します。

※1 アプリケーション・プログラミング・インターフェース

※2 当社調べ。(2020年7月29日時点)

※3 決済した金額は24時間以内にPayPayアカウントに返金されます。

※4 「PayPay for Developers」はパソコンでの利用を推奨しており、一部スマートフォンではご利用できない機能があります。

※5 所定の審査に通過した場合のみ利用可能となります。

※6 店舗やタクシーなど、「PayPay」への加盟契約申込数です。(2020年6月時点)

※7 PayPayアプリをダウンロードした後、アカウント登録を行ったユーザーの数です。(2020年6月29日時点)


■「PayPay」の主な特長

 大型チェーン店はもちろん、中小規模の店舗や、自動販売機やタクシー、公共交通機関への支払いまで、日本全国に拡大し続けているキャッシュレス決済サービス。オンラインサービスでの支払いや公共料金の請求書支払いなど、さまざまな決済シーンでも利用できます。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を手数料無料で「送る・受け取る」機能や、投資の疑似体験「ボーナス運用」など、決済以外の利用方法も広がっています。さらに、24時間365日相談可能な電話窓口を設置し、万が一被害にあった場合に原則もPayPayが全額補償する制度を設けるなど、ユーザーが安心して便利にご利用いただける環境づくりを行っています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>