PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

店舗数日本一の牛丼チェーン、「すき家」でPayPayが使えるように!

~ ゼンショーホールディングス傘下の「はま寿司」などでも順次利用可能に ~

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社(代表取締役社長執行役員CEO:中山 一郎 本社:東京都千代田区)は、2020年2月1日より、株式会社ゼンショーホールディングス(代表取締役会長兼社長:小川 賢太郎 本社:東京都港区)傘下の牛丼チェーン「すき家」において、スマホ決済サービス「PayPay」が利用可能になることをお知らせします。

 「すき家」は、店舗数日本一の牛丼チェーンです。今回、一部店舗を除く全国の「すき家」店舗での支払いに「PayPay」をご利用いただけるようになります。

 また「すき家」は、PayPayが2020年2月に実施する「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」(※1)の対象店舗となり、支払いに「PayPay」を利用することで、よりお得にお食事をお楽しみいただけます。キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

 国内の外食企業として売上高No.1(※2)である株式会社ゼンショーホールディングス傘下のブランドにおいて、「すき家」を皮切りに、100円寿司チェーン「はま寿司」などでも「PayPay」を順次利用できるようにしていく予定です。(※3)

 PayPayは今後も、ユーザーはもちろん、あらゆる小売店やサービス事業者にスマートフォン決済の利便性を提供し、日本全国どこでも安心してキャッシュレスで買い物ができる世界の実現を目指します。さらに、「決済」アプリから、ユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ」へと進化し、「いつでも、どこでもPayPayで」という世界観を醸成していきます。

※1 付与上限は、500円/回、1,500円/期間。

※2 出典:東洋経済新聞社「会社四季報2020年1集 新春号」

※3 ブランドや導入時期は、決まり次第ホームページにてお知らせします。

■「PayPay」について

PayPay株式会社が提供する決済サービス。ユーザーは、事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードから決済手段を選択でき、PayPay加盟店やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

■PayPay加盟店について

主なPayPay加盟店は、「PayPay」のホームページで紹介しています。また、PayPayアプリ内の地図でお近くの加盟店をご確認いただけます。

■イメージ画像はこちらでダウンロードできます。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>

TOP