PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

「PayPay」、累計決済回数が10億回を突破!

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、「PayPay」を利用してお支払いいただいた累計決済回数(※1)が、2020年5月9日に、10億回を突破しましたのでお知らせします。


 2018年10月5日にキャッシュレス決済サービス「PayPay」の提供を開始してから、約1年7カ月で累計10億回を達成しました。全国の加盟店で毎月実施しているさまざまなキャンペーンの開催や、より使いやすくするためのアプリの改善、実店舗やオンライン店舗など全国どこでもご利用できるようにする加盟店の開拓に加え、万が一ユーザーが不正利用などの被害にあわれた場合の全額補償制度、24時間365日相談可能な電話窓口の設置など、安心してご利用いただける取り組みを実施してきた成果だと考えています。

 現在PayPayは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している中、「きせかえ」を活用した支援を行っています。また、テイクアウトやデリバリーサービスの需要が増えていることを受けて、「Uber Eats」をはじめとするデリバリーサービスに対応する他、飲食店における事前注文サービス「PayPayピックアップ」の提供を予定するなど、「ミニアプリ」機能を使ったさまざまな取り組みを進めています。「PayPay」を利用することで、ユーザーは自分のスマートフォンの操作で支払うことができるため、個人間で現金を受け渡しすることなく決済できます。

 厚生労働省が公表した、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」(厚生労働省ホームページ)の中でも、日常生活での買い物において、「PayPay」をはじめとする「電子決済の利用」が実践例として紹介されており、ユーザーや加盟店が「PayPay」を利用することで、政府が掲げる「人との接触を8割減らす」という目標に貢献できると考えています。

 また、「PayPay」は、これまでキャッシュレスに対応していなかった多くの中小規模の加盟店にも支持されており、2020年4月には、「PayPay」の加盟店数が全国で220万カ所を突破(※2)しました。決済システム利用料(※3)や初期投資が不要という点に加え、入金サイクルが早く、最短で翌日に入金される(※4)こと、また「PayPay」のQRコードは、テイクアウトでもデリバリーでも活用でき、宅配時にPayPayのQRコードを持参すれば現金や決済端末を持ち運ぶことなく安全に決済ができることなどが、多くの加盟店で利用される理由であると考えています。

 PayPayは今後も、ユーザーはもちろん、あらゆる小売店やサービス事業者にスマートフォン決済の利便性を提供し、日本全国どこでも安心してキャッシュレスで買い物ができる世界の実現を目指します。引き続き、「PayPay」を「決済」アプリから「スーパーアプリ」へと進化させて、ユーザーの生活をもっと豊かで便利にするための取り組みを続けてまいります。

※1 ユーザー間でのPayPay残高の譲渡機能の利用回数や、Alipayアプリを利用しての決済回数は含みません。

※2 店舗やタクシーなど、「PayPay」への加盟契約申込数です。

※3 決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。2020年4月1日以降新たに加盟店になる場合、年商10億円以上の法人であれば有料です。詳細はこちらでご確認ください。

※4 入金口座としてジャパンネット銀行を指定すると、「PayPay」での決済分は累計決済金額に関わらず翌日に入金します。また、その他の金融機関の場合でも、月間の累計決済金額が1万円を超えると、翌々営業日に入金します。

■関連画像はこちらでダウンロードできます。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>

TOP