PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

新型コロナウイルスへの対応を含めた日本赤十字社の活動全般への支援について

~ スマホ決済サービス「PayPay」の「きせかえ」を購入して、活動を応援する第3弾! ~

特設ページ:https://paypay.ne.jp/app-view/supportwithpaypay-sekijuji/

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、新型コロナウイルスへの対応を含めた日本赤十字社の活動全般を支援するため、2020年5月22日から6月11日までの間、スマホ決済サービス「PayPay」のアプリのデザインを変更できる支援アイテム「きせかえ」を販売します。「きせかえ」は特設ページで300円(税込み)で販売し、売上金から消費税を差し引いた全額を、PayPayが日本赤十字社へ支援します。消費税はPayPayが国に納めます。

 なお、PayPayの「きせかえ」販売による活動応援は、今回が3度目です。今後も引き続き、PayPayでできる支援を継続してまいります。

<「きせかえ」のイメージ>

<新型コロナウイルスへの対応を含めた日本赤十字社の活動全般への支援について>

特設ページ:https://paypay.ne.jp/app-view/supportwithpaypay-sekijuji/

対象期間

2020年5月22日 ~ 6月11日 午後11時59分

支払い方法

PayPay残高からの支払い(クレジットカードは利用できません)

支援する日本赤十字社の活動内容

 日本赤十字社は自然災害の発生時に現場に駆けつけ、命を救うための医療活動や救援物資の配布などを行っています。また、災害に対する備えとして、ボランティアの育成や命を救うための知識と技術を伝える救急法の講習などを実施しています。本年は、新型コロナウイルス感染症に対し、発生初期からクルーズ船に医療チームを派遣しました。現在は日赤病院で感染者を受け入れるとともに、感染を予防するためのさまざまな情報発信も行っています。PayPayはこれらの活動を応援するため、日本赤十字社に「きせかえ」の売上金から消費税を差し引いた全額を支援します。


PayPayは、これまで2度の「きせかえ」販売による売上金の支援を実施してきました。引き続きPayPayができることは何かを考え、実施してまいります。

● 第1回「PayPay」でできる支援

販売期間:2020年3月11日 ~ 3月31日

支援先:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

活動内容:東日本大震災復興支援および新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急支援活動

支援グッズ(きせかえ)購入者数:62,678人

購入金額合計:18,803,400円

支援金額:17,094,000円

● 第2回「PayPay」でできる支援

販売期間:2020年5月1日 ~ 5月21日

支援先:社会福祉法人中央共同募金会および都道府県共同募金会

活動内容:赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」による助成事業

※ 支援グッズ(きせかえ)購入者数などは確認中です。本支援の報告は、集計が完了次第公表します。

■「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>