1. PayPay TOP
  2. プレスリリース
  3. 福岡PayPayドームにおける、新型コロナウイルス感染症拡大リスクを抑える取り組みについて

プレスリリース

PayPay株式会社

ソフトバンク株式会社

福岡ソフトバンクホークス株式会社

福岡PayPayドームにおける、新型コロナウイルス感染症拡大リスクを抑える取り組みについて

This document is a draft.

 PayPay株式会社、福岡ソフトバンクホークス株式会社およびソフトバンク株式会社は、福岡PayPayドーム(福岡市中央区、以下「PayPayドーム」)の来場者向けに、キャッシュレス決済の促進や、ソーシャルディスタンスの確保をはじめとした、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対する取り組みを実施し、感染症拡大のリスクを抑えながらプロ野球観戦を楽しんでいただくための環境づくりを行います。

 「PayPayドーム」では、2019年3月より、飲食やグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン、スーパーボックス、チケット売り場にキャッシュレス決済サービス「PayPay」を導入しており、厚生労働省が公表した「新しい生活様式」(厚生労働省ホームページ)でも、紙幣や硬貨の受け渡しを伴わないキャッシュレス決済が推奨されていることから、今後さらにキャッシュレス決済の利用を促進します。また、2020年シーズンは「PayPayドームならPayPayでおトク!キャンペーン」の開催や、飲食販売店舗において事前注文サービス「PayPayピックアップ」を順次導入するなど、来場者がキャッシュレス決済を使うことで、人と人との接触を最小限に抑えながら、なおかつ便利に、お得に買い物を楽しんでいただける取り組みを進めます。

 福岡ソフトバンクホークスは、新型コロナウイルス感染症など、感染症拡大のリスクを抑えるため、「福岡ソフトバンクホークス安心・安全宣言」をはじめとする新しい観戦スタイルを定めています。ソフトバンク株式会社とPayPay株式会社も両者が持つ製品や、技術、サービスをなどを提供し、この取り組みに協力することで、さらに安全、安心に楽しんでいただける環境づくりを3社共同で行ってまいります。

 キャッシュレス決済などを活用した、新しい観戦スタイルで、「PayPayドーム」でのプロ野球観戦をお楽しみください。

■ PayPay株式会社の取り組み

事前注文サービス「PayPayピックアップ」順次導入(7月下旬以降)

ユーザーは「PayPay」アプリから商品を事前注文し、商品の準備が完了した通知がアプリで表示され次第、商品の受け取ることができ、決済もアプリ内で完了するため、店舗前での滞在時間や他の来店客との接触を最小限に抑えることが可能です。

※ 「PayPayピックアップ」の利用開始日、対象店舗など詳細については決まり次第、球場内の掲示や、ホームページなどで改めて告知いたします。

■ 福岡ソフトバンクホークス株式会社の取り組み

「PayPay」を中心とした、キャッシュレス決済の促進

場内のソーシャルディスタンスマークの設置

お客さまをお迎えするにあたり新型コロナウイルス感染防止対策として「福岡ソフトバンクホークス安心・安全宣言」を公開

詳細ページ:https://www.softbankhawks.co.jp/pc/ex/gameguide2020/

ソーシャルディスタンスマーク

■ ソフトバンク株式会社の取り組み

飲食購入者へエチケットマスクケースを配布

配布期間
7月21日(火)~ 10月29日(木) ※レギュラーシーズン有観客試合時の全試合

配布場所
PayPayドーム内飲食店、スーパーボックス、鷹正

エチケットマスクケース

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>