PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

「Uber Eats」で「PayPay」が利用可能に

~ デリバリーサービス初!「ミニアプリ」にも登場予定 ~

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社は、2020年5月4日に、Uber Technologies, Inc.が提供する「Uber Eats」のアプリやオンライン上の決済方法として「PayPay」がご利用いただけるようになりますのでお知らせします。5月4日に大阪府と京都府で利用できるようになり、5月8日に東京都、千葉県、埼玉県を除く全てのサービス提供エリアで利用可能になります。さらに、5月15日には東京都、千葉県、埼玉県で利用できるようになり、「Uber Eats」が利用可能な全エリアで「PayPay」での支払いが可能になります。また6月以降には、「PayPay」のスーパーアプリ機能「ミニアプリ」(※1)に「Uber Eats」が追加され、「ミニアプリ」で初めてデリバリーサービスが利用できるようになる予定です。

 現在、スマホ決済アプリ「PayPay」が利用できる加盟店は全国で220万カ所(※2)を突破し、オンライン加盟店や請求書払いも含め、利用可能な店舗やサービスが増えています。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う緊急事態宣言を受けテイクアウトやデリバリーサービスを提供する飲食店が増えていることもあり、今回、「Uber Eats」で「PayPay」での支払いができるようになることで、「PayPay」を利用して外出せずに自宅で食事を楽しむというシーンが拡大することを想定しています。

 また、「Uber Eats」で「PayPay」を利用すると、「PayPay」の利用特典である「PayPayステップ」の対象にもなり、さらにお得に「PayPay」でのお買い物をお楽しみいただけます。

 PayPayは今後も、多くのユーザーにご利用いただいている「決済」機能をベースに、金融サービスやPayPay内で発注から支払いまでが完了する「ミニアプリ」機能など、スマホ決済だからこそ実現できる機能やサービスを拡充していきます。ユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ」へと進化することで、日本全国どこでも安心してキャッシュレスで買い物ができる、「いつでも、どこでもPayPayで」という世界観を醸成していきます。

※1 パートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどがPayPayアプリ内で利用できる機能。

※2 店舗やタクシーなど、「PayPay」への加盟契約申込数。4月26日時点。

<各地域での利用開始予定日>

利用開始予定日 対象エリア
5月4日 大阪府、京都府
5月8日
~ 5月11日
東京都、千葉県、埼玉県を除く全てのサービス提供エリア
5月15日 東京都、千葉県、埼玉県

※ サービス提供エリアは「Uber Eats」ホームページよりご確認いただけます。また、予定日より利用開始が遅れる場合があります。

■「Uber Eats」について

Uber Eats は、タップ一つで世界中の数多くの人々にお好きな料理をお届けするオンデマンドのフードデリバリーサービスです。世界6大陸、45の国と地域、6,000以上の都市で400,000以上のレストランと提携し、あらゆる料理をご提供しています。地元の名物から日々口にするファーストフードまで、様々な料理を新鮮で迅速に、信頼とともにお届けしています。

■「PayPay」の主な特長

事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

■イメージ画像はこちらでダウンロードすることができます。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

アーカイブ

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>