PRESS RELEASE プレスリリース

PayPay株式会社

タクシー配車アプリ「MOV」で「PayPay」が利用可能に

~ スマホ決済サービス初! 2020年7月21日から順次、「MOV」で「PayPay」による効率的でスマートな決済が可能に ~

 ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、2020年7月21日から、株式会社Mobility Technologiesが運営するタクシー配車アプリ「MOV」(モブ)でキャッシュレス決済サービス「PayPay」が利用可能になりますのでお知らせします。「MOV」のアプリ決済で、スマホ決済サービスが導入されるのは、「PayPay」が初めてです。

※ 画像はイメージです。©Mobility Technologies Co., Ltd.

 「PayPay」ユーザーが「MOV」アプリ内で決済手段として「PayPay」を選択すると、降車時に自動的にアプリ内で決済が完了(※)するため、財布からカードや現金を取り出したり、受け渡しをするなどの手間や時間が不要になります。PayPayはこれまでも「PayPay」のアプリトップ画面から簡単に利用できる「ミニアプリ」機能の「タクシー配車」からタクシーの配車、料金の決済までを可能にするなど、タクシーへのキャッシュレス決済導入を進めてきました。7月21日から順次、「MOV」で「PayPay」による決済が可能となることで、これまで以上に多くの移動シーンで、効率的かつスマートなキャッシュレスによる決済体験を提供することができます。

※ 「PayPay」の残高不足やエラー発生時は、自動的にカード決済に切り替わります。そのため、「MOVアプリ決済」の支払い手段には、クレジットカード、デビットカード、もしくはプリペイドカードの登録が必須となります。また、「MOV」の配車対応エリア(東京都、埼玉県、神奈川県、滋賀県、京都府、大阪府)は、配車から決済までアプリ内で完結します。後部座席タブレット設置エリア(宮城県、茨城県、群馬県、岐阜県)は、配車サービスはご利用いただけませんが、乗車時に、後部座席のタブレットを活用した「MOV」アプリ決済が可能です。なお、エリア内でも一部非対応となるタクシー会社がございます。対応エリアはそれぞれ7月21日時点です。

■「PayPay」の主な特長

大型チェーン店はもちろん、中小規模の店舗や、自動販売機やタクシー、公共交通機関への支払いまで、日本全国に拡大し続けているキャッシュレス決済サービス。オンラインサービスでの支払いや公共料金の請求書払いなど、さまざまな決済シーンでも利用できます。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を手数料無料で「送る・受け取る」機能や、投資の疑似体験「ボーナス運用」など、決済以外の利用方法も広がっています。さらに、24時間365日相談可能な電話窓口を設置し、万が一被害にあった場合に原則PayPayが全額補償する制度を設けるなど、ユーザーが安心して便利にご利用いただける環境づくりを行っています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

【2020年7月27日 追記】「MOV」のアプリ決済による「PayPay」の利用は、株式会社Mobility Technologiesの都合により、本日より新規での利用登録を休止しています。再開時期は未定です。

アーカイブ

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>